ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

<   2011年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

あさっての方向

日本には「あさっての方向」って表現があるけど
ホンジュラスでは「来年の方向」って表現します

うちの保健所のサッカーチームが試合するというので見に行った

仕事は16時に終わるのに
16時にキックオフ
この時ばかりはホンジュラス人も時間守ります。

この日はカリーナと総務にいる女子3人と一緒に見てました
カリーナは口が悪い。

ミスをしたら野次
ファインプレーをしても野次
とにかく汚い言葉が飛び交っていました。
(カリーナとその仲間たちだからかもしれないけど)

私の課にいる男の子は小柄で顔がものすごく小さいので
ポジート(鶏)と呼ばれていた。
PKだからゴール前で守っていただけで
「背が小さいから上抜かれる」
「背伸ばせ」
「顔小さいからヘディングできないじゃん」
「顔が点みたいだ」
「点みたいだからPK決められちゃう」
だの散々言われていた。

肝心の彼のゴールはお菓子の奪い合いしてて見逃してたしw

借り物のユニフォームきてた警備の男の子(も背が小さかった)にも
「おまえそんなんでゴール決められるのか」
「ズボンがまとわりついて走れてないから脱げ」だの言ってた
(彼もゴール決めた)

野次を飛ばすのはやめましょうっていう時代に育ったので
聞いてて面白かった
[PR]
by o-honduras | 2011-05-27 16:00 | ホンジュラス・生活

捕獲

今日は、ダンリ市の山の方、パライシート地区に行ってきた。
ホンジュラスには、准看護士が一人で働く無医師保健所がある。
そこの保健所の准看護士が始終お酒を飲んで全く仕事をしないというので
職場の担当看護師と私の配属課の人と行ってきた。

保健所の中を見ようにも
その酔っ払い看護師を見つけないことには鍵を受け取る事が出来ない

先日、道端で寝ているところを運んでくれたおばあさんのところに行く
「今はここに居ない」だの、最初はすんなり彼の居所を教えてくれなかったのですが
うちの運転手が家の前に落ちている入れ歯を発見。
おばあさんもおじいさんも入れ歯していたので
これは例の看護師のものに違いない。ということになりようやく鍵を入手
a0137054_12115990.jpg

カリーナが私に「証拠写真を撮ってこい」と言ったのですが
a0137054_12123127.jpg

逆恨みが怖かったのでカリーナに撮らせました。
案の定、後で酔っ払いが追いかけてきました。

保健所に入って
a0137054_12131548.jpg

ワクチンを回収(冷温保存が必要なのに、ちゃんと管理されてなかった)
a0137054_12134292.jpg

その後、地区に住む人たちと話し合いをして
この人には地域を任せられないということで
一筆書くことに

帰り際、その酔っ払い看護師が「ダンリに連れて行ってくれ」というので乗せて帰りました。
んもちろん、トラックの荷台に。

この日は診察できなかったけど
診察を受けようときた子どもが気になる潰瘍を持ってた
a0137054_12141994.jpg

リシューマニア症じゃないのかな?
写真を撮ったけどうまく撮れていないし・・・
とりあえず、看護師さんはもう一度行くらしいので、次に行く時はその子の診察をするようお願いしておきました。
誰が寄付したのか分からない
a0137054_12152735.jpg

リットマンの聴診器
この聴診器がパライシートで活躍できる日が来ますように
[PR]
by o-honduras | 2011-05-24 08:43 | ホンジュラス・活動

los pinos

ダンリ市の中心からサンタマリア方面に向かって5分くらい
未舗装のでこぼこ道を抜けて林を通り抜けたところにある地区LOS PINOS
(林があって幹線通り沿いからは見えずらいけど)

そこにサライは住んでいる
林の向こうにあるロス ピノス地区はダンリでも極度に貧しい人が住んでいると言われている。
水道も電気も通っていない。
草原の中を走ってたどりついた真新しい丸太小屋、そこが彼女の家
10畳一間の家に兄弟4人と父母と住んでいる。
トイレはもちろんなし(この環境で屋内にあったら大変だ)
水は近くの川までくみにいく。

一家の大黒柱はうちで家政婦として働いているサライのみ
父親はお酒を飲んでばかりでまったく仕事をしないらしい。

ホストファミリーは月曜日から働いてほしいと言っているが
彼女は水曜日~土曜日の午前中しか来ない。
住み込みで働いているので電気も水道も不自由しないけど
あまり働きに来ない。
普段は家で何をしているのかと聞いたら「母親の手伝いをしている」と言っていた

去年までサライは別の地区で暮らしていたが、
去年の豪雨で家を失いここにたどり着いた。
家はどこも同じような造りだった
時々、サライの家のように新しい小屋を見つけた。

林の向こうには電気や水道整備されている家があって
もう少し歩けばダンリの中心街に着く。
ちなみに、彼女の家の家賃は月lPS.300(1500円くらい)
私の家の向かいにあるダンス教室の月謝はlPS.350

カウンターパートが言っていた
「病院まで5分の所に住んでいるのに病院にいけない人」とはここの人たちのことなんだろう
[PR]
by o-honduras | 2011-05-21 15:03 | ホンジュラス・生活

着任して2週間目

うちの近所で殺人事件があった

・ オランチョの人と撃ち方が違うから、試し撃ちなのか殺人なのか区別がつかない
・ 警察が10分で到着した
[PR]
by o-honduras | 2011-05-18 07:00 | ホンジュラス・生活

PC壊れました

修復をお願いしているところですが
PCが使えるようになるのかわかりません。
残り任期も少ないので
PCないままの生活でも良いかな。と思っています。

用事があれば電話ください(最近は21時に寝てるので、その前にお願いします)

あと、人に見られたくないデータはPCに保存しておかないことだね(笑)
データ取り出すことできるらしいから。
[PR]
by o-honduras | 2011-05-15 02:59 | 業務連絡

FOGON

a0137054_6315689.jpg

新しいうちにはFOGON(カマド)がある。
a0137054_634152.jpg

焚きつけはOCOTEの木
a0137054_6352544.jpg

おてつだいさんサライ とパパ
サライは16歳で住み込みで働いている。
(というか、ママに色々教えてもらっている)
a0137054_6372881.jpg



トルティーヤといえば、フティカルパで生トルティーヤというのを食べさせてもらった
トウモロコシをもぎ取ったまますりつぶして成型するトルティーヤなんだけど
あれが一番甘みがあっておいしかった
a0137054_640369.jpg

170の後の数字が水木しげるの漫画に出てくるサラリーマンみたいに見える
[PR]
by o-honduras | 2011-05-13 06:25 | ホンジュラス・生活

暑い

私の配属先である、県立保健事務所
複雑な構造をしていて風が通らない。
事務室は外より暑くなる。
同僚の女医さんが痙攣を起こして倒れた
多分、熱中症を起こしたんだと思う。

エアコンでガンガンに冷やすのがホンジュラスのステイタス。
私が来るまでは事務所も極度に寒かったらしい
私が来てからは(私にとって)快適な温度で
珍しいと思っていたら、今日壊れた。
壊れるまでの予兆だったらしい

意識が朦朧としてる彼女に
CPは「とりあえず、コレ食べなさい」といってアメを渡していた
違うと思うんだけどな・・・
[PR]
by o-honduras | 2011-05-11 11:43 | ホンジュラス・活動

ヒル

a0137054_6254882.jpg

普通の食堂でスープを出してくれるところを探している
値段は日本円にして200円弱
a0137054_6274989.jpg

ここはご飯とトルティーヤの代わりにサラダを出してくれる。

ここのオバチャンはオランチョ県フティカルパ出身
県が隣り合ってるからオランチョのひとがけっこういる
[PR]
by o-honduras | 2011-05-09 06:24 | ホンジュラス・生活

母の日講習会

a0137054_12481537.jpg

今日が母の日ということで
ホストファミリーの娘さんと孫がうちにやってきました

今の家では自室を全面開放しているので
色んな人が部屋を覗きにきます
アクセサリー作りが趣味の娘さんの一人が折り紙ピアスを気に入ってくれて
意気投合
a0137054_125257.jpg

早速折り紙の講習会をしました。

その後、隣のカウンターパートの家にお邪魔して
発見してしまいました
a0137054_1258373.jpg

か、可愛すぎる。
昔はちっさいハムスターにこだわっていましたが
今ならゴールデンハムスターでもモルモットでも飼える気がしてきました
というか、このブログをちび太の観察日記に変更してしまいたい

他にもイグアナベルデ(緑のイグアナ)を飼っていたので
妊婦の迷信を話してみましたが
Draは知りませんでした

オランチョだけの迷信なのかね?

そういえば、娘さんの一人が
「昔、オランチョのお祭りで踊りを断ったら髪の毛を引っ張られてねー。」
なんて、話してました
流石、オランチョ県民
そういうことするから「気性が荒い」だのと言われるのです。
a0137054_12551022.jpg

6月に隊員がリサイクルのイベントをするので
そこでアタシのピアスを紹介する予定
新聞紙、雑誌、お菓子の空き箱、ジュースの紙パックを利用して作ってます
[PR]
by o-honduras | 2011-05-08 12:46 | ホンジュラス・生活

ここは日本ですか

同僚A:前の保健所ではどこに配属されてたの?
アタシ:健康推進課です

同僚B:オランチョ県ではRAMNIやってた?
アタシ:私が赴任してすぐはCPが療養中でうまく進まなかったけど
     後任が来てからは機能してましたよ
     管轄の医療機関も理解してたと思います

出勤1日目の会話

そういえば、新任地に入るまでドキドキしたもんなぁ
本当にここで決まるのか。
調整員と話してる時も、異動の面談してるみたいだったし

他のオランチョ隊員は任地が2転3転してたし。

なんか、日本で転勤したときと話題が変わらない
a0137054_13354445.jpg

研修の実施団体が大きくなるほど豪華なお土産がつく
これは、オランチョのCPが国レベルの研修に出た時のもの
母子保健総合背策RAMNIのロゴ入りカバン
[PR]
by o-honduras | 2011-05-06 12:39 | ホンジュラス・活動