ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今日は研修講師です

a0137054_348021.jpg
専門家プロジェクト「PASOS」のピアリーダー フォローアップ研修に参加。
参加といっても今回はスタッフとして参加

ピア エデュケーションにける効果的な健康教育法についてデモンストレーションしたのです。

こう書くと何か大そうなことしてそうだけど。

要は一方的に講師が話しまくる『指導型』と
参加者とかけあいしながら展開していく『共感型』について紹介。

・・・・
という訳で、日本語でも簡単に説明できないから実際にやってみたのです。

こっちで共感型指導するのはさらに苦痛
だって、容赦ないスペイン語が・・・。
と思ったけど、今までカウンターパートの仕事手伝ってたおかげで
耳慣れた単語がちらほら。

グループワークに入るのがまた無理。
何言ってるか殆どわからない。
でも、話の方向性が完全に間違ってるな。って時は話題の修正できるけど
参加者の感想は詳しく聞き取れなかったけど
でも、意図は伝わっていたようで
a0137054_3445441.jpg
いつも、このこたちのスタイルの良さには感激しております
[PR]
by o-honduras | 2010-06-30 00:26 | ホンジュラス・活動

伝言ゲーム的会議

明日の研修に向けた打ち合わせにも参加。
専門家の会議はすごい。
日本人(日本語)→日本人(英語訳)→ホンジュラス人(西語訳)
で会議の打ち合わせをしていく方式
母国語でする伝言ゲームでもなかなか伝わらないのに
よく、瞬時に意図を伝えられるなぁと。

健康教育手法の話を仕事で経験していたおかげで
何とか話についていけた。
これ、健康教育習ってなかったらさっぱりでした。

ちなみに、この日会議に参加していた一部ホンジュラス人は
話をちゃんと聞いていなかったので
翌日の研修の内容について再度説明をし直すのでした。
[PR]
by o-honduras | 2010-06-29 00:40 | ホンジュラス・活動

本日は臨時休業なり

保健所スタッフは手分けして市内を巡回
各戸のピラ見て回り
abate(ボウフラを予防するための駆虫剤)を配って回る。
a0137054_5342550.jpg

薬量の計算方法や薬の撒き方は
先週のカタカマス出張で教えてもらった。

私は自分の住んで切る区画をまわらしてもらった
母子家庭が多く住むアパートや明らかに貧しいと思われる家
高級ホテルの一画を思わせる家
約30世帯が住む区画だけど、こんな地区に住んでいたのだな。と

この区画で一番環境衛生が悪かったのがうちの隣。
a0137054_5412051.jpg

壁も屋根も穴があいてるし
台所は尿臭が漂ってる。
だって流しの横に板1枚はさんで汚いトイレ(これ以上説明しようがない)があるんだもん。
アメリカのアニメみたいに上半身の羽毛が毟られてる鶏がいた。
この家でよく病気にならないな。と感心した。
まぁ、なっても行くお金ないんだろうけど。

ちなみにこの家から毎日トルティーヤを買っている
トルティーヤがこの環境で日夜作られていると思うとちょっとゲンナリだ。
トルティーヤしか作らなくて正解と思ったし
それ以上の食品は生産及び販売しないでほしいと思った。

今日は職場に出てきた人たちとホンジュラス戦を観戦。
前回はストライキ
今回はデングによる緊急の祝日により
ホンジュラスの殆どの労働者はワールドカップホンジュラス戦を見ることができた
第1試合は朝5時半で就業前

うまくできてるな
[PR]
by o-honduras | 2010-06-25 09:07 | ホンジュラス・活動
そんなデング騒ぎがあったので
明日は所外でお仕事するそうです
[PR]
by o-honduras | 2010-06-24 04:08 | ホンジュラス・生活

デング流行ってるね

23日、ホンジュラスでデングの緊急事態宣言がでましたね
緊急事態宣言の和訳でいいのかな?
 デンゲ・アウトブレイク と書いてありました。

11000人以上の感染報告があったそうです。

多いのか少ないのか、よくわかりませんね。

感染しても症状出なければ病院行かないと思うし
発症者の家族が健診受けるとも思えないので
感染者数というより、発病者の数と言った方が適切な気がします。

北海道とほぼ同じ人口でこの患者数。
感染者数はさらに多いとかがえると、やっぱり流行ってるんだろうな。と思う

ちなみに、同じ県内で2人の隊員がデンゲにかかってます。
一人は私が来る前だったけど

デンゲを治すことはできなくても
蚊の発生を予防することはでいるはずだ。
頑張れ保健所。

あ、ちなみに、スペイン語でデング熱の事を「デンゲ」って呼びます。
[PR]
by o-honduras | 2010-06-23 23:47 | ホンジュラス・生活

ワールドカップ見た

対スペイン戦をレストランにて観戦。
サッカーの試合をあんなに一生懸命見たのは生まれて初めてかもしれない。
子どもの頃は45分が長すぎて集中できなかったので
(故に第1試合のチリ戦は観ていない)
自分に期待をしていなかたんだけど、
ホンジュラスのDFってだれですか?全員FWですか?ってツッコミを入れられるくらい一生懸命見た。
ホンジュラスチーム好きです。
想像以上に楽しんでる自分がいた。

今日は審判が韓国人だったから
下手なジャッジしたら帰り際襲撃されるんじゃないか・・・なんて心配も必要なく
試合は過ぎていったわけで。
←日本人だったらしいね

今日はホンジュラスユニフォームを着て出勤。
いつもの「中国人!」ではなく、「ホンジュラス人!」と声をかけてもらうことができた
中には店からわざわざ出てきて声をかけてくれたり。
クラクションを鳴らしたり。とまぁ、ウケは良かったようです。

あ、ちなみに今日はストライキのため保健所は午前中で仕事が終わり、
その後レストラン行ってみてきました。
[PR]
by o-honduras | 2010-06-22 12:30 | ホンジュラス・生活

妊産婦教室 その後

先輩隊員と一緒に健康教育の教材を作ってます
a0137054_3512543.jpg
a0137054_3521728.jpg


a0137054_35327.jpg
a0137054_3534031.jpg

絵が入手できない時は描くしかないのです
[PR]
by o-honduras | 2010-06-22 03:47 | ホンジュラス・活動

やっぱり

今日はカタカマスの伝統的産婆さんを集め、
会合を開く予定が。

誰も来てない。
ってか、調整をお願いした医師と看護師すら見当たらない。。。。
他の人がその話を知っているわけもなく
また、次回に繰り越そう。

気持ちを切り替えて、昨日見学できなかった分娩を見ました。
陣痛~出産までの直接的ケアに関しては私はよくわかりませんが
その時の物品準備を見てるだけでもそこのスタッフの技術がわかる気がしてます。
施設によって非常にばらつきがあります。

カタカマスは今まで見た病院の中で一番書類整理ができてるし
ケアに入る前の物品準備ができているなぁという感じ。
退院前には医師がしっかりと児の全身状態をチェックしてたし。

こっちのお産はどちらかというと
産婦と赤ちゃんのタイミングで出産を促すと言うよりも
医療者が先導して産ませようとしてる感があって
複雑な思いです。
(「今、無理!」ってスタッフに答えられるお母さんもいるけど、
そうも言えないお母さんたちもいるのです)
今日は、比較的赤ちゃんとお母さんのタイミングに合わせてくれるスタッフだった気がします

母子保健クリニックには
陣痛室、分娩室、産褥室 が設置されているのですが
パートナーはもちろん、女性の家族も産褥室以外は入れません。
なので、陣痛の最も強いだろう時期を一人、ベッドで乗り越えています。
(私、産んだことないからね)
看護師や医師はあちらこちらで動き回っているし。

日本も、施設分娩が開始された当初はこんな感じだったんだろう。
なんて想像してみたり。


陣痛室のベッドの上でお母さんが「ここで産んでもいい?」って私に聞かれ、
どうもこうも・・・ダメって言えるわけないので「いいよ。」と答えておきました。
(医師の姿も視界に入っていたし)

そのお母さんの向かいには流産のため、病院に搬送される妊婦さんがいました
[PR]
by o-honduras | 2010-06-18 04:01 | ホンジュラス・活動

カタカマス出張2

まずは、昨日のこと
a0137054_4373580.jpg

カタカマス隊員と中華料理屋で頼んだチャーハン3人前
チャーハンの前にTAGAWAが座ってたけど
チャーハンの大きさが伝わりずらいのでどいてもらった。

このチャーハン、4人で食べても余った。

a0137054_443528.jpg

ここが産褥室で、分娩後8時間でおうちに帰ります。
早っっ!!
a0137054_4464954.jpg

ここが分娩台
a0137054_450212.jpg

分娩前に道具を準備する。書類の整理も結構できてる保健所だった。
道具がきちんとしているだけあって(?)
お医者さんたちの問診や診察も丁寧だった。

a0137054_454378.jpg

この子、1歳くらいのはず
栄養失調のため定期的に病院に来てます
こないだは、保健所スタッフが服やらオムツやら寄付したんだって。
ちなみに、このお母さんは第2子妊娠中。。。
[PR]
by o-honduras | 2010-06-17 04:24 | ホンジュラス・活動

カタカマス 出張1

今日はJICA健康管理員の調査に同行してカタカマスの医療機関を視察に行った。

普段の出張ではなかなか顔を出せない

私立クリニック

ここは3床あり
ope室あり。でも、ここで手術したくないなぁ。外観は良いんだけどね

赤十字

年季入った建物

こちらは西語の入ったもの。日本もどうせ寄付するならちゃんとスペイン語の取説つければいいのに。
消防署

赤十字より高性能にみえる救急車。でも、今は隣の赤十字に救急車がるからここに放置。
色々見て回ることができた。

「ほ・・・本当にここでopeできるの!?」といった病院もあったけど
オランチョでは想像できない設備を備えた病院があったりして…

まぁ、そこはアメリカ資産の病院なんですが
ラパコレの道具あったり
滅菌も紙とフィルムを使った、日本で良く見るあの形でした。

そして設備も充実

教会はもちろん

お土産屋さんまである。

また、自前のクリニックを5つ、山間部にもってるらしい。
アメリカはやること違うな。

しかも毎週、アメリカから専門医がやってくるらしい。

いちど見に行ってみたいものです。
[PR]
by o-honduras | 2010-06-16 03:55 | ホンジュラス・活動