ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

<   2009年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

体が悲鳴をあげた

今日は贅沢な悩みをひとつ。

ステイ先では7時、12時、18時半に食事している。
(※家族は9時、14時、18時半)
食さずとも、皆の体型を見ればここの食事が高カロリーで食事量が多いのは一目瞭然。
ゲストに対してご飯を多めに出すのは万国共通なのもわかっている。

なので、ステイ早々「食事は少ししか食べない」と伝え
家でも外でも毎食「半分にして」とか「2/3にして」の繰り返し。
(実際、半分になったことはないけど)
まだ多いと思っていたけど、完食するようにしていた。
ご指摘のとおり、私は少し食べたほうがいい。
こないだは、通りすがりのおばちゃんにスナック菓子を差し出された。
いずれ訪れるだろう(下痢の)洗礼に備えよ。と現地の人までもが案じているのだ。
a0137054_2474183.jpg朝食
食卓にはいつもフルーツを出してくれる。
アレルギーがあることは伝えてあるからリンゴとイチゴは出ない。

a0137054_2323937.jpg昼食
イガーダ(レバー)

a0137054_217101.jpg夕食
ソパ デ フリホーレス

今週に入ってからメリエンダ前、低血糖症状に悩まされるようになった。
a0137054_2174062.jpg
水曜日の昼食。この時から「24時間満腹」という珍現象が始まった。

そして洒落にならない低血糖症状がではじめた。
a0137054_2181798.jpg
っていうか、量が元に戻っているし。

自分なりに考えた結果、高カロリー食に私の体が適応できていないと予測。
a0137054_2185324.jpg
「食べ過ぎで胃が重くて食べられない。」と言ったときの量
この日から、低血糖症状が消えた。

ママが「胃に優しいから」とスープを作ってくれた。
「胃の調子が改善しないから朝と同じくらいで。」とお願い(懇願)
a0137054_2193422.jpg
ソパ デ ベルドゥーラ と ポジョ
残した。
夕方、日本人と欧米人の代謝能力が違うことを思い出した。
別の洗礼を受けていたことに気づいた。

胃はもたれたままのその日の夕食
a0137054_2202249.jpg
そいつはカラっと揚がってやって来たw
a0137054_2205662.jpg
エンチラーダ(だったかな)
上の写真のような揚げたtortillaの上に野菜が乗っている。


ママは料理が趣味で、料理だけはお手伝いさんにも頼まない。
今まで同じ料理は出たことが無い。
また、健康志向なので豊富な野菜が食卓に並ぶし塩分も控えめ。
日本人からみても美味しい。
何回か外食したが、ママの食事のほうが断然おいしい。
a0137054_228314.jpg
特に、ソピータは手が込んでいて最高。


食べさせ甲斐のない私が来て申し訳ない。
この国に来てこんな贅沢な悩みを持つ私は幸せもの。

ホンジュラスに来て3週間。同期隊員が「日本食が食べたい。」と口にしはじめる中
私ともう一人の隊員が「別に日本食恋しくならないよね。」と。
それくらい私は美味しいものを食べ続けている。
二人とも「でも、体が受け付けないんだよね。」で話を締めくくるけど。
[PR]
by o-honduras | 2009-10-31 11:14 | ホンジュラス・生活

保健所見学

語学研修の一環でテクニカルクラスがある。保健所に配属予定の看護職3人はこの地域にある保健所を見学。
前回は患者が多かったため今日再び見学に行った。
保健所には診療所が併設されている。と聞いていたが
そこは保健所という名前の診療所だった。
大きさは私が日本で所属している保健所の半分くらいの大きさ。
そこに診察室(2部屋)、予防接種室、カルテ室(吸入にもなる)、薬局とトイレ・休憩室がある。
1日に50人くらいが診療に来るらしい。
表の廊下に長いベンチが2つずつ向かい合っているだけ
予防接種を待つ母子、妊婦と一部の体調不良者がベンチに座っていた。
a0137054_2125352.jpg

一応、Drの診察を受ける人は裏口に並ぶ。起立したまま一列に並ぶ。
予約や受付は不要。早いもの順で並ぶ。
a0137054_291780.jpg

この前はここに30人が並んでいた。


非常勤医師(2名)が別の病院から診療時間だけやってくる。
常勤の職員は看護師(2名)と看護助手。看護師も働きながら学校へ行き資格を取るらしい。
予防接種は看護師二人でこなしているようだった。
8時間勤務で休憩時間は1時間。昼食中も患者が次々と並ぶためゆっくり休めないそうだ。

患者は主に呼吸器・消化器疾患が多いらしい。性病の症状を訴える患者もいるらしい。重傷者や精密検査、性病検査が必要な者は首都の大きな病院に行ってもらう。
ペニシリン等の薬はすぐに在庫が切れてしまうらしい。ただ、ここは3ヶ月ごとに業者がくるので恵まれている診療所なのではないだろうか。

a0137054_2135512.jpg

開放的な焼却炉完備。
アンプルが混ざっているのが見えた。


この地域は首都から40分弱の街であり、他にも私立病院がある。
保健医療体制には恵まれている地域だと思う。


* 私が現地スタッフから聞き翻訳したことを記載しているので、実情と異なる場合があります。
[PR]
by o-honduras | 2009-10-30 12:07 | ホンジュラス・活動

携帯を携帯せよ

私たちは緊急時に連絡がとれるよう、携帯電話を持つことが義務付けられている。
国内には複数携帯電話会社があるようです。
私たちが使用している携帯電話は毎月使用した分を支払うのではなく、事前に電話代をチャージして使います。2通り方法があり、①お金を払ってチャージする ②カードを購入してチャージする どちらも携帯電話の看板があるお店で購入可能です。先日、看板があっても扱っていないお店がありました。私の西語が悪かったのか、それとも何を扱っていたのか…謎。

何が aquí estoy だ。

携帯電話の機能は10年前くらいの日本の機種と同じ。
SMSはついていますが、メール機能はありません。
自分で着信音が作れる機種もあるみたい(懐)
日本では説明書を読まずに使っていましたが、こっちでは説明書とにらめっこしても人の名前すら入力できない日々。英語表示に変えてからようやく使いこなせるようになりました。
(そこにたどり着くまでにに5日かかった)
携帯電話の電波は5本表示。
a0137054_254121.jpg

バリ5
バリ5にかかわらず、我が家では通話は途切れ途切れ。
見掛け倒しのバリ5
テレビは携帯電話の電波に妨害されます。テレビに雑音が入る=着信アリ

ちなみに、日本の携帯は使えないと聞いていましたが、首都の一部でsoftbankが使用可能でした。
[PR]
by o-honduras | 2009-10-29 02:03 | ホンジュラス・生活

-itaの逆襲


西語には『示小接尾語(diminutivo)』と言って名詞や形容詞の語尾に-ito/aをつける場合があり、ホンジュラスでも頻出します。
西語の基礎をかじった程度の私には、会話を難解にさせる厄介ものであります。
まず、最初にやられたのが
Haorita(Haora)…理解するのに3日かかりました。
Sopita・・・スープはグランデでお願いします。
¿No hay papita mamá?・・・イモもかよっ!!

私は長く外国語に浸ると脳みそが限界を超えます。
突然、一切の西語を受け付けなくなり、『表にテーブル出てる店でしょ?』なんていう、簡単な西語すら聞き取れなくなります。
西語を話しているつもりが気づいたら英語を話し始めていたり、
日本語が出てこなくなったり。
「まな板」⇒「野菜をみじん切りにするとき使う板」
「ブラインド」⇒「板になってくるくる回る窓」
「マグカップ」⇒「コッポ」
コッポて・・・

a0137054_6445499.jpg

これが通学路
行きかう人に挨拶をして、犬の間を通り
鶏の間を通り
馬の隣を過ぎると学校です。
[PR]
by o-honduras | 2009-10-26 15:43 | ホンジュラス・活動

maíz

そのうち、飽きてしまうと思うので今のうちに言っておきます。
私は日本に居るときからmaíz大好きです。
茹でたmaízを食べてみたのですが、トウキビとは食感も味もまったく違います。
食感は、ゴムを食べているような感じ?
a0137054_6412662.jpg

Tortillaだけでなく、色々な調理法があります。写真は後ほど。
この前、プリンを食べましたが美味です。

a0137054_6423048.jpg

ValleではSopa de mondongo (野菜と牛の内臓を煮込んだもの)を何故か週末に作る習慣があるそうです。理由は地元の人も知らないそうです。

お米は炊いただけだと日本の冷凍ご飯をそのまま解凍した時の食感、味です。
ピラフとかパエリヤとか味付けされたものが好きです。

果物は豊富です。学校の庭にグレープフルーツとオレンジが生っているので、取って食べます。勿論、虫と一緒に…。柑橘系の粒と同じくらいの大きさなのであまりよく見ないで食べることにしています。
バナナ以外は味が薄いです。
ちなみに、Banano(果物)とplátano(野菜)は別物です。まだ見分けがつきません。
食卓では素揚げしたplátano(主菜)にbanano(デザート)。普通の組み合わせのようです。
日本食で例えるなら・・・栗ご飯と栗の甘露煮が同時に出てくるような感じでしょうか。

ちなみに我が家は健康志向のmamáのお陰で野菜が沢山食べられますし、味付けも薄めのものが多いです。
[PR]
by o-honduras | 2009-10-26 06:38 | ホンジュラス・生活

良い家に住んでます

私のホームステイ先
とても良い所があたりました。
a0137054_0291714.jpg

私の部屋は離れになっていて、トイレ付き
a0137054_032178.jpg

庭には手入れされたきれいな花・木が沢山あります。
[PR]
by o-honduras | 2009-10-20 09:27 | ホンジュラス・生活

語学研修

語学研修中の1日の流れを紹介
月~金 語学研修 学校は8:00~15:15まで。もちろんメリエンダがあります。
ステイ先が近いので、私は昼食を食べに一旦帰ります。
先輩の話だと、放課後は宿題に追われて1日が終わるそうです。
大半の週末は授業がありません。
授業形式は学校(派遣国?)によって違いますが、私たちは2つに分かれて授業をしています。

設備も日本の語学学校と違うので少しずつ紹介していきます。
a0137054_1175824.jpg
a0137054_119395.jpg

[PR]
by o-honduras | 2009-10-20 01:11 | 語学

語学学校に着きました

一昨日からバジェ・デ・アンヘレスというところにいます。
これからホームステイをしながら語学研修をしています。
今日が語学学校1日目。まずはテストを終了したところです。
少しずつステイ先や学校の紹介をします。
[PR]
by o-honduras | 2009-10-19 10:16 | 語学
結局、午前中までおなかの調子は悪かったのですが
小康状態を保ち回復。
同期隊員の看護師・助産師さんも同様の症状を呈していたが
同時間ではなかったこと
症状が軽症だったこと
同じものを喫食していなかったことから
水が合わなかったもしくは疲労からきていたのではと推測しています。

飲み水は勿論、ミネラルウォーターを飲んでいます。
[PR]
by o-honduras | 2009-10-16 23:26 | ホンジュラス・生活
午前中は
ホンジュラスの事業概要と各種活動(開発とジェンダー・人間の安全保障)
慰霊碑参拝
a0137054_11291596.jpg


午後は援助効果向上とボランティア活動
安全対策講義としてテグシ市内で治安の悪い地区(コマヤグエラ)の見学
テグシ市内は簡単に説明すると川を挟んで裕福層の住んでいる地区と
貧困層の住んでいる地区があり、貧困層の住んでいる地区に私たちが出歩くと危険ということで教えてもらう。

ここがそのコマヤグエラの入り口
川を渡るとすぐにバラックが立ち並ぶ。
店の種類は川の向こう側と同じくらい豊富。
a0137054_11301282.jpg
言われなくても行きたくない。無理


街中は常にこんな感じ
a0137054_11353861.jpg
コントか?


これは、私たちが利用しないほうが良いタクシー。
a0137054_11304451.jpg

トランクの鍵が壊れているし。

任地と市内を経由しているバスターミナルを見学。
直行便を乗ることを勧められる。

最後にセントロの公園周辺を散策しながらどういう風にスリや強盗に遭うのかを教えてくれた。
テグシの警官とホンジュラスの警官の違いなども教えてくれた。
[PR]
by o-honduras | 2009-10-16 11:24 | ホンジュラス・活動