ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

カテゴリ:ホンジュラス・生活( 149 )

看護師の質

今日は同僚のお父さんが糖尿病で入院しているというのでお見舞いに行ってきました
患者さんの身の回りの世話をするのが家族の役割なので
同僚はここ1週間ほど仕事を休んでお父さんに付きっ切り。

壊疽のため足を切断しなければならなくなった彼女の父親
その時の看護師とのやりとりから、医療従事者の倫理について話題になりました。

「もうすぐその足ともお別れなんだから、挨拶したほうがいいよ」と看護師に言われ
泣き出したお母さんを見て彼女は
両親の気持ちを考えて言葉を選ぶよう注意したのですが
その看護師から
「アンタは病気の知識が無いんだから、勉強してから私に意見しな。」といわれたらしい

他にも、痛みで眠ってる父親の病室にドアを蹴って入ってきたり・・・
両親にこんな思いをさせるくらいなら、首都の大きな病院に行けばよかった。と後悔していました

ここの病院もフティカルパと同様、日本が支援して建った病院なのですが
ここは日本と同じ構造をしていました。
窓もアルミ製でどうやって運んできたんだろう・・・という窓枠
病室にカーテンはありませんが
患者個人のロッカーがあって

日本っていろんな所に支援してたんですね
写真は後ほど
[PR]
by o-honduras | 2011-06-25 11:51 | ホンジュラス・生活

ネズミの話

とうとう、私の勝利
今朝、トイレでお亡くなりになってるネズミを発見

ママは「同居人が居なくなって寂しいわね。」といってました。

前々回の日記にある写真を見て分かるとおり、毒入りと言っても
ワーファリンが入ってるだけなので即効性が無く、
一時期は私の帰国まで生きてるんじゃないか・・・とハラハラしました

お蔭様で部屋中ネズミ臭いです
あのサイズで10日なので、気が遠くなる戦いですな。

今日の私の勝利を同僚に話したところ
大爆笑されたんだけど何故だろう。。。
[PR]
by o-honduras | 2011-06-22 07:26 | ホンジュラス・生活

ネズミの話

私はハムスターとかリスとか
それ系の動物が大好きだ

昔、ハムスターを飼っていたので
ネズミのオシッコの臭いとかものをカジル音とかに敏感
(若干 萌えてんのかもしれない)

なので自分の部屋にネズミが住み着いた(散歩ルートになった?)のを瞬時に嗅ぎ分け
その日のうちにご対面
これがまだ愛嬌のある顔した子ネズミだったので
思わず戯れた初日

翌日ママにネズミ退治の餌をもらう
置いた場所もドンピシャで
翌朝に食べた形跡を発見
バックパックの中で・・・
どうやら私のバックパックがお気に入りらしい・・・
ハムスターも好きそうな形状してるもんね・・・

残念なことに、検討をつけていた場所にネズミが住んでる形跡がなかった
部屋に住んでいないといいな。
これは腐敗臭がするまで見つからないんじゃ・・・
ねずみ博士の道のりは長いです

a0137054_1132544.jpg
              これがネズミ退治用の毒入りペレット
              最初はホストファミリーも信じてくれなかったけど
              私の推測通りここが彼らの散歩コースなのだよ
a0137054_115099.jpg
              中身
a0137054_1112344.jpg
              アタシが最近飲んでいる抗生物質と同じ色

そうそう。げっし目だったら何でも好きなわけじゃなくて
ハムスターもドワーフハムスターって言って
富良野のジャンボ寿司の大きさまでしか成長しないヤツが好き
それ以上デカイのだめ。怖いもん。
それ以上デカイネズミを飼ってるあなたのお家には駆除しに行きませんから。
[PR]
by o-honduras | 2011-06-12 10:54 | ホンジュラス・生活

目覚め

出張で朝が早い私のために
パパが職場まで送ってくれました
a0137054_1222674.jpg
                 内装だけでなく、いろんな意味でこの車の全てがこんな感じだ。
              それでも1発でエンジンかかるTOYOTAすげー
a0137054_12235155.jpg
                 人生の脇見中、ドン・エウヘニオ
              いろんな奇跡が起こって今日も無事故です
              いや・・・目がさえる瞬間でしたよ
[PR]
by o-honduras | 2011-06-02 07:20 | ホンジュラス・生活

あさっての方向

日本には「あさっての方向」って表現があるけど
ホンジュラスでは「来年の方向」って表現します

うちの保健所のサッカーチームが試合するというので見に行った

仕事は16時に終わるのに
16時にキックオフ
この時ばかりはホンジュラス人も時間守ります。

この日はカリーナと総務にいる女子3人と一緒に見てました
カリーナは口が悪い。

ミスをしたら野次
ファインプレーをしても野次
とにかく汚い言葉が飛び交っていました。
(カリーナとその仲間たちだからかもしれないけど)

私の課にいる男の子は小柄で顔がものすごく小さいので
ポジート(鶏)と呼ばれていた。
PKだからゴール前で守っていただけで
「背が小さいから上抜かれる」
「背伸ばせ」
「顔小さいからヘディングできないじゃん」
「顔が点みたいだ」
「点みたいだからPK決められちゃう」
だの散々言われていた。

肝心の彼のゴールはお菓子の奪い合いしてて見逃してたしw

借り物のユニフォームきてた警備の男の子(も背が小さかった)にも
「おまえそんなんでゴール決められるのか」
「ズボンがまとわりついて走れてないから脱げ」だの言ってた
(彼もゴール決めた)

野次を飛ばすのはやめましょうっていう時代に育ったので
聞いてて面白かった
[PR]
by o-honduras | 2011-05-27 16:00 | ホンジュラス・生活

los pinos

ダンリ市の中心からサンタマリア方面に向かって5分くらい
未舗装のでこぼこ道を抜けて林を通り抜けたところにある地区LOS PINOS
(林があって幹線通り沿いからは見えずらいけど)

そこにサライは住んでいる
林の向こうにあるロス ピノス地区はダンリでも極度に貧しい人が住んでいると言われている。
水道も電気も通っていない。
草原の中を走ってたどりついた真新しい丸太小屋、そこが彼女の家
10畳一間の家に兄弟4人と父母と住んでいる。
トイレはもちろんなし(この環境で屋内にあったら大変だ)
水は近くの川までくみにいく。

一家の大黒柱はうちで家政婦として働いているサライのみ
父親はお酒を飲んでばかりでまったく仕事をしないらしい。

ホストファミリーは月曜日から働いてほしいと言っているが
彼女は水曜日~土曜日の午前中しか来ない。
住み込みで働いているので電気も水道も不自由しないけど
あまり働きに来ない。
普段は家で何をしているのかと聞いたら「母親の手伝いをしている」と言っていた

去年までサライは別の地区で暮らしていたが、
去年の豪雨で家を失いここにたどり着いた。
家はどこも同じような造りだった
時々、サライの家のように新しい小屋を見つけた。

林の向こうには電気や水道整備されている家があって
もう少し歩けばダンリの中心街に着く。
ちなみに、彼女の家の家賃は月lPS.300(1500円くらい)
私の家の向かいにあるダンス教室の月謝はlPS.350

カウンターパートが言っていた
「病院まで5分の所に住んでいるのに病院にいけない人」とはここの人たちのことなんだろう
[PR]
by o-honduras | 2011-05-21 15:03 | ホンジュラス・生活

着任して2週間目

うちの近所で殺人事件があった

・ オランチョの人と撃ち方が違うから、試し撃ちなのか殺人なのか区別がつかない
・ 警察が10分で到着した
[PR]
by o-honduras | 2011-05-18 07:00 | ホンジュラス・生活

FOGON

a0137054_6315689.jpg

新しいうちにはFOGON(カマド)がある。
a0137054_634152.jpg

焚きつけはOCOTEの木
a0137054_6352544.jpg

おてつだいさんサライ とパパ
サライは16歳で住み込みで働いている。
(というか、ママに色々教えてもらっている)
a0137054_6372881.jpg



トルティーヤといえば、フティカルパで生トルティーヤというのを食べさせてもらった
トウモロコシをもぎ取ったまますりつぶして成型するトルティーヤなんだけど
あれが一番甘みがあっておいしかった
a0137054_640369.jpg

170の後の数字が水木しげるの漫画に出てくるサラリーマンみたいに見える
[PR]
by o-honduras | 2011-05-13 06:25 | ホンジュラス・生活

ヒル

a0137054_6254882.jpg

普通の食堂でスープを出してくれるところを探している
値段は日本円にして200円弱
a0137054_6274989.jpg

ここはご飯とトルティーヤの代わりにサラダを出してくれる。

ここのオバチャンはオランチョ県フティカルパ出身
県が隣り合ってるからオランチョのひとがけっこういる
[PR]
by o-honduras | 2011-05-09 06:24 | ホンジュラス・生活

母の日講習会

a0137054_12481537.jpg

今日が母の日ということで
ホストファミリーの娘さんと孫がうちにやってきました

今の家では自室を全面開放しているので
色んな人が部屋を覗きにきます
アクセサリー作りが趣味の娘さんの一人が折り紙ピアスを気に入ってくれて
意気投合
a0137054_125257.jpg

早速折り紙の講習会をしました。

その後、隣のカウンターパートの家にお邪魔して
発見してしまいました
a0137054_1258373.jpg

か、可愛すぎる。
昔はちっさいハムスターにこだわっていましたが
今ならゴールデンハムスターでもモルモットでも飼える気がしてきました
というか、このブログをちび太の観察日記に変更してしまいたい

他にもイグアナベルデ(緑のイグアナ)を飼っていたので
妊婦の迷信を話してみましたが
Draは知りませんでした

オランチョだけの迷信なのかね?

そういえば、娘さんの一人が
「昔、オランチョのお祭りで踊りを断ったら髪の毛を引っ張られてねー。」
なんて、話してました
流石、オランチョ県民
そういうことするから「気性が荒い」だのと言われるのです。
a0137054_12551022.jpg

6月に隊員がリサイクルのイベントをするので
そこでアタシのピアスを紹介する予定
新聞紙、雑誌、お菓子の空き箱、ジュースの紙パックを利用して作ってます
[PR]
by o-honduras | 2011-05-08 12:46 | ホンジュラス・生活