「ほっ」と。キャンペーン

ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

12月1日エイズデー イベント

a0137054_01145.jpg

12月1日は世界エイズデーです。
フティカルパでも市がイベントを開催。
うちのregion内でPASOSスタッフが会議を開いている様子を目にしていました。

イベント当日は朝4時から広報車に乗りイベントを周知していたそうで。
ホ国では普通のことらしい。region関係者は出張も朝5時から出て行くらしい。
a0137054_0125540.jpg
集合時間、1時間後くらいから会場の飾りつけが始まる。
私もボランティア(10代の若者)と一緒に飾りつけをお手伝い。
大人たちはクイズの時に使うボタンのセッティングをしています。


a0137054_0223864.jpg
ボランティアが友人に働きかけイベント参加を呼びかけていたこともあって、当日参加者は100名超えていたんじゃないかな。
イベントの内容は
開会の挨拶(HIV陽性者のスピーチもあった)、HIVクイズ、ブラスバンド演奏


a0137054_032693.jpg締めはピニャータと花火
ピニャータとは紙で作った球(形は他にもロバとか人形とか色々ある)の中にお菓子を詰め込んで上から吊るし、それを子供が叩いて壊す。というもの


昨年はHIVの新たな感染者数やHIV関連疾患で亡くなる人の数は減少し、
開発途上国での治療者数も増えてきたそうです。
(UNAIDS/WHO2008より)

でも、未だに新規感染者はおり、HIVと共に生きる人は増え続けています。
2007 年は1 日当たり7,400 人が新たにHIV に感染、
そのうち96%以上が低・中所得国の人々だそうです。

HIV・・・というとサハラ以南アフリカが注目されがちですが、ここホ国でも深刻な問題です。

ホ国のHIV感染者数はアメリカ大陸で5番目に多く、
中米諸国の感染者の6割を占めていると言われています。
中でも母子感染と若年層の感染者数が高いことが指摘されています。
(ホ国感染者の8割は労働人口層らしい)
[PR]
by o-honduras | 2009-12-17 09:23 | ホンジュラス・活動