ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

ここ2週間気になること

それは、夜が静か過ぎること。
先々週はフティカルパを離れたので当たり前だったんだけど
フティカルパに戻った先週も静かだった

セマナサンタ中のフティカルパは穏やかで
1件しか殺人事件が無かったらしい。

時報か?と思うくらい
夜の10時を過ぎると聞こえていた銃声
なんだ、練習中か。とか
あ、撃たれた!とか
AK-47!とか
そんなこと考えながら眠りについたり

鶏の鳴き声も聞き分けられるようになって
何で、今日は隣の家のボスが鳴かないんだろう。と心配してみたり
何で、今日は他の家の鶏は応えないんだろう。とか
(仲間とのコミュニケーションに使っているみたいだよ)
ヒヨコから少しずつ鶏に変わる過程を応援しながら眠りについたり

それが急に聞こえなくなると、違和感を感じて
何も聞こえてないからだ。と気づく・・・
のをここ2週間繰り返してる。

新しいステイ先のママが
「オランチョ県民はみんな銃を持っていたでしょう?」
「Danlí市民で銃を持ってる人は居ないよ。居るとしたらそれはオランチョ出身者だよ。」と。
パパさんは
「オランチョって言えばアレだよな。拳銃腰にさして馬にまたがってるんだろ?」と。
まぁ、私がオランチョ出身だからこんな言い回しになるんだろうが
拳銃のイメージ(というか、オランチョ)はそんな感じなのかもしれない。

私からしてみればホンジュラス全土に銃が蔓延してると思えてならないんだけど。
[PR]
by o-honduras | 2011-05-06 01:26 | ホンジュラス・生活