ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

結核対策

気が付いたら実習は最終日になっていました。
というのも、妊婦さんの健康教育が気になって・・・
時間帯が一緒だし、
実習よりも健康教育を優先していたからです。

今日、ようやく服薬指導の様子を見れたんだけど。
実習指導者である正看護師から相談を受けました。

今日から治療を開始する、新規の患者さんは
喀痰検査でP3(←すごく排菌してるって意味)が出てる。
学校の先生として今も仕事を続けている。

「このまま薬をあげるだけでいいんだろうか?」
「貴方だったらどうする?」という質問。

ホンジュラスのマニュアルには
家族検診の事は触れてるけど、接触者検診については殆ど明記されていません。

就業制限の話や
服用開始~排菌が止まるまでの一般的な期間や
(ホ国では奇数月しか検査しないらしいし)
接触者健診の対象者の考え方
日本の対策ををざっくりと説明。
「やっぱりそうだよね。他のリセンシアーダ(正看護師)にも相談してくる!」と言ってすぐさま
同僚の所に向かった彼女。

この後どうなるんでしょうか?
接触者検診、公費負担なワケないしね・・・。
また、集団感染対策をする場合、
日本以上に十分な説明と理解を得ないと
この患者さんは生きていけなくなるしね。
[PR]
by o-honduras | 2011-02-23 09:34 | ホンジュラス・活動