ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

結核のはなし 5

先日気になっていた
「直接服薬確認をしているのか」について
現場の看護師に直撃

今は病院でも直接服薬確認はできていないそうだ。
最長で1週間分の薬を渡す場合がある。

かつて、病院では軽食を出して服薬を確認する手法がとられていた
患者側から「軽食は要らないから家で飲みたい」と希望がでるようになって・・・
今に至るらしい

薬も本人ではなく、妻や家族が取に来る。など
ホンジュラスでは合併症が無い限り、入院しない。
その分患者指導は毎回するようにしている らしい(リセンシアーダの希望としてね)

今月の患者カルテを基に話を聞いてみると
病院には毎月10名前後の患者が服薬
そのうち半分弱の人が治療を中断していた。

看護記録を見た感じ、
自覚症状が消えると服薬を中断し、数か月~数年後に自覚症状が出て治療
を何回か繰り返している人が多かった。

あとは、高齢者の再治療事例だともう先は長くないんだから飲まなくて良いじゃない・・・
って言われることもあるそうな。

服薬中断している患者さんへは家庭訪問しているんだけど
それはServicio Socialという研修生が一人で訪問に行く

う~ん・・・私はその体制に疑問。
責任の所在ってどこにあるんだろう?
ホンジュラス人の感覚だと
「私は学生に任せたから」とか「私の身分は学生だし」とお互いに責任をなすり合いそう・・・
こないだはそうやって言い合っていたし。。。

日本に帰って結核対策する時は、責任もって対応していかないとなぁ。
と我に振り返りながら物思いにふける。

看護記録を見ると、引っ越して行方をくらます人がいた。
引っ越し先も同じ町内。
生活も仕事も家族とのつながりが強いホンジュラスだと
そう簡単に遠くへは引っ越せないんだろうな。

その後、結核の教材作るお手伝いをしてきました。

あと、患者さんがとある地区に集中してるみたいだったけど
誰か感染源を見落としているんじゃないかい?
[PR]
by o-honduras | 2011-02-16 10:39