ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

ホンジュラスの結核対策1

昨日から、cepriforshoでは結核対策の授業が始まった。
ホンジュラスではどんな対策をしているのか
興味があるので参加することにした。
ので、ついでに日記に残していこうと思う。

ホンジュラスに結核の法律があるのかは知らないけど
結核患者の登録や治療について書かれたマニュアルが存在する。
TAES(日本で言うところのDOTS)が戦略としてある

ホンジュラスでは20代~40代の患者が最も多いと言われている。
基本的な治療であれば、最寄りの医療機関で治療できる。
(つまり、新卒1年目で准看護師が一人で働くかもしれない保健所でも治療できるのだ)
結核の診断は
・自覚症状
・喀痰検査
・レントゲン
で診断される。レントゲンの専門家はSan Fco病院に1人しかいないため
事実上、病院まで来ないと診断されないことになる。
検査については・・・話聞いてるだけだとちょっと良くわからなかった。
培養検査をしてるっていうことと
薬剤耐性なんかの詳しい検査は首都に行かないとできない・・・ってくらいか。
[PR]
by o-honduras | 2011-01-12 03:23