ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

ホンジュラスで一番隊員がいる県。それがオランチョ県。
大半のオランチャーナ(オランチョ県民)は日本の事を知らないようだ。

ジャッキー・チェンと私たちの国籍は同じだと思っている。
私は中国語が話せると思っている。(日本語が別の言語だと知らない)
私は空手できると思っている。
私に男兄弟ができると言うと「男なら空手ができるか?」とも聞いてくる。
「柔道ができるよ。」と言うが柔道というスポーツ事態知らない。

そして、いい大人(大半の人は私を10代だと思ってるが)が
10か月もホンジュラスに住んでいるくせに
何故スペイン語が話せないのか。と思ってるみたいだ。

空いた時間を利用して生徒に日本語を教えている。
今日は雨が降っていたので
Casa(西語:家)は日本語で傘を意味することを教えたところ

「そんなに日本語は違うのかい。そりゃぁ大変だ。」とか
「スペイン語覚えるの大変だったでしょう。」と言われた。
そして、彼らは私が分かるスペイン語を探しながら話してくれるようになった。

差別の話も出てきて、彼らは私に今までどんな目にあったのかと質問してきた。
差別・・・はされたことないけど
からかわれることがよくあるので、その話をすると
自分たちが日本に行ったら差別を受けるんじゃないか。と心配していた。
日本には中南米の人が少ないこととか
皮膚の色が違いすぎることや、日本語が使えないので大変だろう。と

相手の立場に立って考えたり、自分に置き換えて想像したり。
今まで出会ったホンジュラス人とは違う反応だったので、
内心驚きました。
この学生達が、看護師として地域で活躍してくれると思うと非常に楽しみです。

ホンジュラスのこと、まだまだわかってないなぁ。
[PR]
by o-honduras | 2010-08-31 09:36 | 語学