「ほっ」と。キャンペーン

ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

9日に赤点取ったので

早速、看護学校で勉強してきました

オランチョ県内にある4つの准看護師養成所のうち、3つがフティカルパ市内にあります。
そのうち、一つは保健所の敷地内に、私の同僚は他2か所の看護学校で働いています。
全ての看護学校を見たわけではないのですが、今日の学校を選んだのには理由があります。

1. 病院実習の必須事項として健康教育を行う
2. 健康教育の展開は、従来の一方的に説明するものではなく、
  対象者との掛け合いを意識しながら展開していく。

他にも同僚が勤めているので、私の拙いスペイン語でも何とかやりとりできることと
先生の看護観とか
送迎がある(これ、一番大事です)とかも理由にあるのですが。

自分の活動と上手くリンクさせられるかや、活動を一緒に行う相手に看護師を想定しているので
現場で働いている看護師がどういう教育背景の人たちなのか。
資源として看護学生は活用の余地があるのか。を図るために行ってきました

まずは、今訪問している准看の看護学校の仕組みを説明しましょう。
この学校は日中は小学校として使われている建物で、その一角に看護学校の事務所があります。
教室は小学生の教室(だから、机は小学生サイズ)
この学校は日本の支援で建てられたようです。

夜間(5時半~8時半)教育を行っている学校なので
昼学であれば10か月の座学と1年の実習で卒業しますが、
ここの学生は2009年2月から2011年5月まで1514時間(59週)勉強します。
他の学校と同じように卒業すると准看の資格を得られます。

生徒は日中、主婦をしたり企業で働いたりしており、必ずしも病院で働いている訳ではありません。
一クラスあたり40人の生徒
年齢は10代の子からちょっと年配の方まで様々。
勤務している先生4人は担当科目分かれているわけではなく、
担当クラスの全ての授業を行います。

当たり前ですが、時間にルーズなホンジュラス人。
時間通りに来る子は半分くらい。残りは6時から6時半にちらほらとやって来る。
だから授業が始まるのは6時くらいでした。

今日は定期予防接種とその対象となる疾患についてグループごとに発表をして知識を深める。
というものでした。
国のマニュアルの予防接種の教科書を参考にして自分たちで作成してくるというもの。

その授業法に疑問を感じもするのですが、1日約2時間しか授業時間が無いため
授業時間が足りなすぎるのも背景の一つではないでしょうか。

最初に思ったのが
看護学校の教員の恐ろしさは万国共通だってこと。

何が恐ろしいってあの先生の鋭い視線。
先生の顔を伺いながら発表する生徒もいたりして。
発表が一通り終わると「他には?」「足りないけど?」「誰か付け足せる人は?」

生徒が黙り込むと
「いい?ワクチン打って、治療して。それだけが看護師の仕事じゃないんだよ。
地域に出たらあなたたちは地域のリーダーとして住民を引っ張っていくんだよ?
なのに、授業中に黙り込んでいてどうするの?誰が住民に健康教育するの?」
と話していて。

帰り際、私に「発表見た?あの子達、学習が足りないのよね。」ってボヤいていました。

この先生は、地域が必要としている看護師を育てようとしているんだなぁ。と思いながら聞いていました。

生徒の発表はというと、どのグループも
・ 病原菌の分類
・ 症状(妊娠中の感染によるリスクも含む)
・ ワクチンの名前、接種時期、接種部位
は発表。

感染経路や予防接種の注意事項を発表したのはごくわずかなグループでした。

資料が古いものだったから、接種時期や回数が違っていたり
三種混合ワクチンは1種類のワクチンしか入ってないと思っていたり
疾患名が読めない、単語(症状)の意味がわからない・・・など色々あります。
事前に十分な講義をする時間が無かったのでしょう。

日本の准看護師教育はあまり詳しくありませんが、
感染症であれば感染の3原則(感染源、感染経路、感受性)から入り
潜伏期間や他者に感染させる期間なども学びそうですね。
この辺は保健レベルと看護教育カリキュラムの違いですかね?

私は日中に前回の講義内容の資料を目通し・・・が限界だったので
予防接種の間違いを先生に耳打ちすることはできたけど・・・
症状については…復習させてもらいました。ありがとうございます。

帰り道、生徒が徒歩で帰る中
(フティカルパの夜は物騒なので、タクシー運転手も仕事を早々に切り上げちゃうんです)
同僚の車にすし詰めになりながら帰宅。

もう少し早く参加させてもらえばよかった。
最低限、自分が活動する分野の授業はこれからも参加したいです。

それにしても、ホンジュラス人って勤勉ですね。
[PR]
by o-honduras | 2010-08-11 21:10 | ホンジュラス・活動