ホンジュラスはオランチョ県、フティカルパで活動中でし。


by o-honduras

サンタマチ語

今回も内輪の話になってしまうのだが。

ホンジュラスの公用語は「スペイン語」であるが
他にもガリフナ族が使う「ガリフナ語」があったり、
一部地域では英語も使える。

近頃、ホンジュラスに新しい言語があることを発見した。

何という言語かわからない。
そして、その言語を操れる日本人が今のところ一人だけなので
その人の名前をとり「サンタマチ語」と呼ぶことにした。

私たち日本人とのコミュニケーションは支障なくとることができるため
文法や単語は日本語と同一と思われる。
唯一、日本語と違うところは現地のホンジュラス人にも通じるところだ。

私が他の隊員と日本語を使っていると「何言ってるかわからない。」と言われるのだが
彼女が日本語でホンジュラス人に問いかけても
彼らは「うん」と頷くのだ。

同じ日本語にしか思えないのだが・・・
発音に微妙な違いがあるのだろうか。

私は彼女から発せられる言語を日本語と理解しコミュニケーションをとっているが
本当は別の言語を話しているのかもしれない。
[PR]
by o-honduras | 2010-08-01 09:43 | ホンジュラス・生活